大阪で同僚の親族の遺品整理をした時の顛末

Category: 環境に優しい — admin @

職場の同僚の遠縁のおばさんが大阪で亡くなったそうです。
一人暮らしの方だそうで、同僚だけでなく親御さんや弟さん、妹さんまで遠方に出向くとのこと、家族皆で参列するからよほど親しかったのだろうと思ったら、葬式後に遺品整理をしなくてはいけないとのことでした。
高齢ゆえ手入れが行き届かず同僚の家族だけでは片付けが大変みたいで、遠方で申し訳ないが手伝ってもらうわけにはいかないだろうかと言われ、大阪に行きました。
社の有志数人で参加しましたが、衣服や寝具の片付けや雑貨の数々、調度品等、故人にとってはきっと大切な物だったのでしょうが、どこから手を付けていいのかわからない状態です。
葬儀屋さんが窮状を見かねて、遺品整理の業者さんを紹介してくれました。
連絡後30分以内には到着して、的確に品物の仕分けや使える物の鑑定をしています。
家財道具はまだ使えそうなものがあるので買取が可能だとのこと、寝具や雑貨等をまとめておいたので手数を少なくして頂いたから、その分処理費用から差し引かせていただくと言い、良心的な業者さんだと感じました。
片付けに3日はかかると思っていたのが、プロの手で半日で済んでしまいました。
その後同僚に聞いた話ですが、業者さんがおばさんが特に大切にしていた物を寺院でお焚きあげをして、供養してもらえたようです。
買取額や梱包料金を遺品整理の料金から差し引いてくれたそうで、とても信頼できる業者さんだと感じました。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.