親戚が引越した時にでた不用なもの

Category: 引越し — admin @

大阪の親戚が数年前引越しました。
阿倍野区から平野区への引越しです。
引越しするにあたって、捨てるものと捨てないものに選別しました。
本は古本店に売ったり、他人にあげました。
衣類も捨てたり、他人にあげてしまいました。
他に要らないもので捨てたいのは食器棚、ベッド、こたつです。
これらは重くて大きいので、簡単にゴミ捨て場に捨てることはできません。
個別に処分しようとしても、労力がかかります。
大阪の業者に不用品買取してもらいました。
食器棚には傷が付いているものの、
ベッド、こたつはきれいな状態で故障もなく、
食器棚、ベッド、こたつ全て不用品買取してくれました。
引越しは可能な限り荷物を少なくしたいですから、
大量に出た不用品を買取してくれる業者がいると助かります。
家具はもちろんのこと、テレビや洗濯機などの電気製品、
その他細かい日用品まで多くの使える物を不用品買取してくれます。
それに一般家庭だけでなく、オフィスから出る不用品も買取しているのです。
食器棚やベッドのような大きくて重い家具は不用品買取してもらえば、
お金にもなるし、とても利用しがいのあることと思います。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.